悪しきことをことごとく法規制するのが本当に「いい世の中」か?

 

ヘイトスピーチは、法律で禁止するべきなのか:日経ビジネスオンライン

 

僕は基本的に何事においても「法律化」は極力するべきではないと思っている。

 

バカ人間の思考や行動を基準に「あれはダメ」「これもダメ」と法制化していくとキリがないからだ。

 

もちろん、上のリンク先でふれられているヘイトスピーチには明らかに差別的な発言もみられ、問題があると思う。

 

だからと言ってたとえば「街宣活動などにおいて、“ヘイトスピーチ”とみなされる表現はこれを禁ず」などと法文化されてしまっていいものだろうか?

 

こんな法律ができてしまっては、それ以降、何をもって“ヘイトスピーチとみなされる表現”とされてしまうか、分かったものではない。

 

我々が持つ「表現の自由」という重要な権利に、こんな愚かしい街宣活動をする人たちのせいで、妙な“縛り”が課せられてしまっていいものか?

 

こんなことを言うとすぐに「差別発言やヘイトスピーチまで“表現の自由”として擁護するのか!」と怒る人がいる。

 

擁護などする気はさらさらない。

 

差別的な言動というのは法規制云々以前にもっと根源的な、人としての良識、社会人としてのマナーというレベルで我々が軽蔑し、駆逐していくべきものではないかと思うのだ。

 

このヘイトスピーチの件に限らず、何かにつけすぐに「こういう事を規制する法律はないのか?ないならつくるべきだ」という意見を持つ人が結構多い。

 

また、生きていく上での信条としてこんなことを言う人もたまにいる。「法律さえ犯さなければ、基本的に何をやってもいい」。

 

こういう、「こんな事が起こるのはそれを規制する法律がないせいだ」とする安易な他力本願的ルール依存体質。そして、「法律のみが唯一にして絶対の人間社会を律するもの」という法律万能主義的思い込み。

 

こういうバカな意見や考えをみるにつけ、「おいおい、どんだけ法律だらけの世の中にしたいんだ?」と溜息が出てしまう次第である。