「結局顔かよ…」というセリフに潜む“男の勘違い”

 

タイトルの「結局顔かよ…」というセリフは、
「結局のところ女なんてみな、基本的にイケメンにしか興味ないんだよな」
という意味合いで、非モテ系男子がよく口にするものである。

 

しかし、同じ非モテ系男子だった僕としては(“だった”と過去形なのは、今は“非モテ系”ではないということではなく、今は異性にモテるモテないで気をもむような“男子”の年齢を過ぎてしまったという意味)、このセリフは極力控えた方がいいと思うのだ。

 

というのも、このセリフ、言い換えればまるで

「ルックスじゃイケメンに敵わないけど、中身じゃ勝ってるぜ!」
とか、
「女性の男に対する判断基準がルックスより中身重視だったら、オレにもとっくに彼女の一人や二人できていた」
と言ってるみたいではないか。

 

本当にそうか?

 

アナタの周りにいる女性受けのいいイケメンを思い浮かべてみよう。そいつに対して、ルックスでは負けてるけれども、「この部分ではオレの方が勝ってる」と言い切れるところがそれほど明確に思い浮かぶだろうか?

 

おそらく多くの非モテ系男子が、「あれ?これといってはっきり挙げられるものがない…」となるのではないだろうか。

 

そう。我々非モテ系の男のほとんどは、


“ルックスも冴えないが、中身も大したことない”


のである。

 

「どうせオレみたいに冴えないルックスの男がモテるわけない」などと嘆いている非モテ系男子に対して、多くの女性がきっとこう思っている筈だ。

 

「いや、アナタに好感持てないのは、顔の問題以上に中身に魅力を感じないからなんだけど…」と。

 

また、別の観点から言えば、そもそもルックスと違って内面については、優劣などつくものではないとも言える。

 

性格、仕事に取り組む姿勢、物事の価値観、趣味などなど、人それぞれいいところもあれば悪いところもあり、また相性が合う人もいれば合わない人もいる。つまり、この点に関しては、イケメンも非モテ男も条件に殆ど差はないということだ。

 

となると結局男女間の関係において、歴然と「一般受け」するものとそうでないものに分かれるのは外見と、あとは経済力(金持ちか貧乏か)ぐらいになってくるのではないだろうか?

 

もちろん、ルックスはイケてないが、とてつもなく商売の才覚があり、幾つものビジネスを成功させているとか、プロアスリート並みの運動神経を持っているとか、高度な数学なども解ける頭脳を持ち、複数の外国語が話せるとか、そんな人もいるだろうが、かなり稀であり、多くの男たちは顔以外の面でイケメンと勝負してもどっこいどっこいだと思う。

 

だから、「けっ!世の中結局、顔かよ」
というような物言いをしている男をみると、

 

「では、女性がみな顔を度外視する世の中だったらキミはモテていたとでも?」と、男の僕でさえ、そう聞き返したくなるのである。