もはや誰もどうすることもできない!?いまだ惰性で続けられるバレンタイン義理チョコの風習


女性従業員のいる職場などでは、いまだに、義理チョコの風習が根強く続いていることと思う。

 

しかし、今では……


「それほど大きな金額の出費じゃないとは言え、何で好きでも何でもない男にプレゼント渡さなきゃなんねーのよ」

と思っている女性は多いだろう。


一方男性の方も、

「お返しとかめんどくせーし、明らかに“義理”で貰ってもなぁ……」

と、この風習には微妙な気持ちだと思う。


つまり、バレンタインの義理チョコについては、もうほとんどの人が「なんだかなぁ……」と辟易していることが想像されるのだ。

 

ところが、職場などでは「いつも私たち女子社員がお世話になってます」といった一種の社交辞令として、「今年も一応、配っておかなきゃマズイんだろうな……」と、モヤモヤした気持ちでこの風習が続けられているのだろう。

 

もはや誰もが「どーでもいい」と思っているのに、もはや誰もが廃止することのできないこの風習。

 

どこぞの洋菓子屋さんかマスコミか知らないけど、罪深いものを広めたものである。