“聴覚障害者の作品”だからCD買ったという人は、握手券目当てでCD買うAKBオタと同レベル。


彼の聴覚障害というハンデがあったからこそ、そして、そんな彼が作った作品だからこそ、彼の音楽に興味を持ち、CDを買ったりしたのに、彼の手による作品ではなかった、さらに、聴覚障害自体も怪しいと知って、だまされた気分。損をした。CD代を返してほしい。

 

佐村河内氏のCDを買った人で、もし、上記のような怒りの気持ちや落胆の気持ちの人がいるなら、そんな“恥さらし”な物言いはぜひとも止めておいた方がいい。

 

だって、「私はその作品の作者の経歴やバックグラウンドによってしか、芸術作品に対する興味など湧かず、作品それ自体のクオリティや良し悪しやなんてよく分からないし、興味もありません」と言ってるようなものではないか。

 

純粋にその音楽そのものを“いい曲だな”“家でもじっくり聴きたいな”と思ってCDを入手したのではなく、その音楽に“付随する情報”にこそ価値を見出したという意味において、

 

握手券欲しさにCDを買うAKBオタどもとほとんど変わらない行為

 

だと思う。