喫煙者だけど「喫煙席か禁煙席か」聞かれる嫌煙者の心情はちょっとわかる

 

もしかして俺、年齢確認でブチ切れる老害よりも重症なのかも知れないけど

 

上の記事で増田は、

タバコ吸わないどころか、徹底して「嫌煙」であるオレとしては、飲食店などで「禁煙席か喫煙席か」と尋ねられるだけで腹が立つ。っていうか、もっと「非喫煙」を“標準”とし、喫煙のクズ野郎を“異例”扱いしろや!

といったことを書いている。

 

これを読んだとき、はじめは

「“嫌煙”も度が過ぎると、沸点がこんなところにまで行き着いてしまうのか」と、ある意味、恐れ入った。

 

もちろん、これはいわゆる“釣り”かも知れない。

 

そうなると、目的は「他の人たちがどんな反応をするか見てみる」ことになるわけだが、その反応を見てみたところ、もちろん手放しで賛同する人はさすがに見られない。

しかし、多少なりとも「喫煙か非喫煙かを尋ねられるのが面倒臭い」と感じている人は少なくないように思えた。

 

こういう人たちにとっては、先述の増田の言うとおり、「今どき“非喫煙”が標準であって、“喫煙者”なんて例外中の例外でしょ?」という思いがあるのだろうなと思う。

 

また、先の増田ほど強烈ではないにせよ、「“喫煙者”と思われるのは心外だ」という気持ちも、多くの嫌煙者の根底には共通してあるのだろうとも思う。

 

愛煙家の自分としては、今更ながら肩身の狭い、しかし、当然受けてしかるべき迫害として、改めて「自宅内以外での喫煙は慎重に」との思いを強めた次第であると同時に、考えてみれば、彼らの心情には自分も思い当たるフシがあるなとも感じた。

 

僕は見た目がおとなしそうで、色白で、見るからにインドアタイプであることもあってか、結構な割合で他人から「アニメやゲームに詳しそう」という先入観を持たれがちである。

 

ところが僕は今どき珍しいぐらい、アニメにもゲームにも興味はあるのだがあまり詳しくない。中学生以降、ほかに夢中になるものが出てきたこともあって、すっかりアニメ・ゲーム離れしてしまい、ファミコンスーファミも全く経験してこなかった。

 

そして、それだけではなく、実をいうと30歳以上の年齢でアニメ・ゲーム、そしてまたアイドルなどを非常に好み、すごく詳しいという人に対して、若干“ひいてしまう”感覚さえ持ってしまっているのだ。これまた今どきの時流には全くそぐわない感性だとは思うが。

 

だから、他人に「アニメとかゲームに詳しそう」などと言われると、「ああ、またか…。なんでそう見えちゃうんだろ」とあまりいい気がしないのである。

 

この世でかなりの割合を占めるであろう「アニメやゲームが好きでタバコが大嫌い」という人からすれば、「“喫煙”のようなクズ行為とアニメ・ゲーム好きという立派な趣味を一緒にするな」と思われるだろうし、それはその通りなのだが、あくまでも“個人的心情”の面だけで言わせてもらうと、

 

僕が「アニメ・ゲームに詳しいヤツ」と思われるのを心外だと感じるように、「自分があまり好ましい感情を抱いていないタイプ」と自分を同一視されることは、誰もがイヤなわけである。
だから、嫌煙者が自分のことを喫煙者と思われるのを心外だと感じること、そこから派生して、「喫煙席ですか禁煙席ですか」と聞かれることさえ、あまり気分の良いものではないと感じることは、ちょっと理解できるなと思ったわけである。