デヴィッド・ボウイ訃報に寄せて

 

デヴィッド・ボウイが亡くなった。享年69歳。

 

ジョー・ストラマー、ジョーイ・ラモーン、ルー・リードなどなど……これまでにもリアルタイムでその訃報に直面してきた好きなアーティストはいたが、なかでも今回はかなりショックを受けた。それぐらい自分の愛聴してきた洋楽ロックのなかでもボウイは特別な存在だった。

 

病気・入院といった報道があったにもかかわらず、なぜかボウイには「死」という生々しいものとは無縁のようなイメージを勝手に抱いていただけになおさらだ。

 

1990年、東京ドームのライブで最後に演った『ロックンロール・スーサイド』に鳥肌たったことが思い出される……。 

 

遺作となった最後のアルバムはじめ1990年代以降も優れた作品を発表し続けていたが、やはり私がもっともよく聴いていたのは、主に1970年代の作品。

特に『世界を売った男』『ジギー・スターダスト』『ハンキー・ドリー』『アラジン・セイン』『ステーション・トゥ・ステーション』『ロウ』『ヒーローズ』『スケアリー・モンスターズ』の8作……結局1970年代~1980年までの作品のほとんどだ。

 

私はどちらかというと、あるアーティストやバンドを駄作も含めて愛するということはせず、つまり「◯◯のファン」というものはなく、作品単位で良いと思ったものだけを聴いてきたつもりだ。そんなかでボウイは異例とも言えるぐらいその全キャリアを通じて好きな、あるいは重要作と感じる作品が多いアーティストだった。

 

それほど彼はアルバムごとに「その時点での人間“デヴィッド・ジョーンズ”をアーティつ“デヴィッド・ボウイ”」として自ら対象化し作品化することに成功してきたアーティストなのだと思う。

 

今は、そんな彼が癌との闘病のなかで、死を覚悟しながらつくったであろう最後のアルバム『★(ブラックスター)』をじっくり聴き直してみようという気持ちでいる。

 

 

突然の訃報に思わず「何か書き留めておきたい」との思いで、とりとめもなく書き連ねました。

 

広告を非表示にする